お知らせ
2008年 5月23日 北山順一が 兵庫県自治功労者表彰を受賞しました
表彰式会場
ごあいさつ

 
薫風の候、皆様にはご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さて、このたび私は、兵庫県功労者として自治功労部門で表彰されることになりました。これもひとえに皆様からの心温まるお支えがあればこそと感謝しております。

 顧みますと、昭和四十八年に初当選以来、十期連続、三十五年にわたり神戸市政に携わってまいりました。その間、旧国鉄ヤードであった神戸駅南をハーバーランドとして神戸の新都心として誕生させ、南京町の再開発事業、新長田駅前再開発、地下鉄海岸線、中央卸売市場の再整備、神戸空港の建設など、多くのプロジェクトを、参画し実現してまいりました。

あわせて、少子高齢化が加速する中、日本一子育てのしやすい街神戸をモットーに、子育て環境の一層の充実、保育所、幼稚園の整備、増設に努力すると共に、高齢者の皆様については、安全で安心して老後を暮らせるための、介護老人施設の充実に全力を傾注してまいりました。

なかでも、平成七年一月十七日の阪神淡路大震災の後は、ずっと、神戸の復興、市民生活の安定に心を砕いてまいりました。ケミカルシューズ産業を筆頭にした他の地場産業や商店街の再建に全力で努力してまいりました。
特に長田区の惨状は目を覆うものがあり、多くの犠牲を余儀なくされました。人々の助け合い、支えあいがあって、今日の神戸をそして長田を創りあげてきたのです。

 こうした地道な努力が評価されての、功労者表彰であろうと思います。今回の表彰は、私ひとりだけのものではありません。お支えいただいた皆様全員への表彰であります。

 これからも、「人が好き、明日が好き、神戸が大好き」を座右の銘に、皆様とともに暮らしやすい町、神戸をめざして活動を続けてまいる所存です。変わらぬご支援ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。


                           
平成二十年五月二十日
 
神戸市会議員 北山 順一
井戸知事より表彰状の授与
同日、兵庫県文化功労者表彰を受賞された、日本民謡兵庫県連合会理事長小笠原昭義