お知らせ
2009年10月23日 セルスターター付小型動力ポンプの導入を要望!!
日夜市民の安全を守るため活動を続ける「消防団」の皆様には心から敬意を表します。
先日、消防団の訓練を見に行きますと団員の方が小型勁カポンプの、
ひも式スターターを一生懸命引いていましたが、なかなかエンジンがかかりませんでした。
これでは消火活動に支障をきたすことと思い、消防局に消防団に配置している小型動力ポンプを
セル付スターターにできないのか要望をいたしました。

下記が回答です

平成21年9月24日
セルスターター付小型動力ポンプの配置について(回答)

セルスターター付小型動力ポンプの配置については、年配の団員や女性の団員も増えており、
操作性が高いという声があります。
一方で、技術性能の維持や機動性の確保が必要という声もあることから、団員の意見を充分に聴き、
新規導入時には実情を充分把握したうえで、セルスターター付ポンプの配置について
検討していきたいと考えています。
なお、現在配置している小型動力ポンプにセルスターターを付けることについて業者に確認したところ、
部品の調達、経費的に難しいことがわかりました。


<参考>
セルスターター付小型動力ポンプのメリットとデメリット
@メリット
手動でエンジンをかける必要がないため、誰でも容易にヱンジンをかけることができます。
Aデメリット
 ◆スターターとバッテリーの重量分(約7kg)重くなります。
 ◆常に点検しないとバッテリーがあがってしまいます。
 また、2〜3年ごとにバッテリーの交換が必要となります。
 ◆ポンプに充電装置がないため、常にバッテリーヘ電気を送る充電器が必要となります。